アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

MENU

Photo No.913 / 少しだけ効率よく

オリンパスPEN Fにて撮影 モノクロ 自家現像 D-23現像液

OLYMPUS PEN F + G.Zuiko Auto-S 40mm F1.4 / ARISTA EDU ULTRA 100

こんにちは、今日も一日お疲れ様でした

整形外科へ

今日は10時過ぎに部屋を出て、整形外科に向かいました。電車を乗り継いで最寄り駅からは20分くらい歩くのですが、結構気温が高くて汗だくになってしまいました

そして病院は年配の方たちばかりで激混み…。小一時間待たされました

やっと診察室に通されても「まだ痛む、っていうのが気になるから、念のためもう一度レントゲン撮りましょう」と言われ、また待合室に逆戻り

また20分くらい待たされて、やっと診察室へ。レントゲンでの結果は「石灰は小さくなっているので、あと少しの辛抱」ということでした。本当かしら…今朝も早朝、痛みで目が覚めたし、腕を動かすと10段階で5、6くらいの痛みが走るけど…。早く良くなって欲しいです

帰ってきてからは

とりあえず録画した「妻、小学生になる。」最終回を観て、カムカムエヴリバディを観て、あとはJazzをエンドレスで流しながら、昨日スキャンした写真データのレタッチ作業をやり始めました。が、集中力が長続きせず、もやもや感・ざわざわ感が強くなって動悸がし始めたので、しばらく横になってやり過ごしたりして、なかなか進まず…

ただあまりにぼんやりして過ごすには時間がもったいないので、横になりながらスペイン語の文法書を流し読みしたり、ヘイデイやツムツムをやったりして少し気持ちを落ち着けて、またレタッチ作業に戻る…集中力が途切れたら他の事をする、というふうに切り替えて過ごしていました

結果から言うと、これが意外と良かったかもしれません。不安感が来た時にちょっと横になって別のことで気を紛らわす。またはちょっとウトウトしたりして、不安を受け流すような感じで過ごせて、結果的に効率よくいろいろなことが「少しずつ」だけど進んだような気がしました

今日の振り返り

●今日できたこと

整形外科受診
写真データのレタッチ作業

●今晩の予定

写真データのレタッチ作業
晩御飯の準備
ドラマ(国内・海外)を観る

●今日のメンタルポイント

行動力70点。とりあえず整形外科に行けたので良しとする。精神面50点。相変わらず胸のざわつきがひどい。起きた瞬間からすでにざわざわしているような気がする。漠然とした不安感と焦燥感に包まれて、もやもや感、ざわざわ感が強い半日。なかなか精神的に楽になれずにいる。それでも、今日の午後みたいに、集中力が途切れたり不安感がやって来た時に、やることを別のことに切り替えることで、少し効率的に過ごせたような気もする。これは意外といい方法かもしれない、と思った。総合で60点

●本日撮った写真…17枚(フィルム17枚)

累計 フィルム約682枚・デジタル401枚

www.studiohonwacca.com