アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

MENU

Photo No.595 / とりあえず、とりあえず

キャノネットQL17にて撮影 カラーネガフィルム 自家現像

Canonet QL17

こんばんは、今日も一日お疲れ様でした

今日は朝から出かけておりました

通所してみることに

先月くらいにちらりと書いたのですが、就労継続支援B型の事業所に見学に行ってから、ずっと悩んでいました。他にも数か所見学やらネットで調べたりやらしていたのですが、どうしても踏ん切りがつかないというか、気持ちの上で納得できない部分があったりして、どうしたものかとずっと悩んでいました

交通費が出ないところも多く、出たとしても一部だったり、工賃も場所によってさまざまでした。まぁB型就労支援なので似たり寄ったりの激安ではあるんですが

悩んでいたのは、今のような精神状態、健康状態で通所できるかどうか、が一番大きな部分でした。時間がどれくらいか、というのもありますし、通所している他の人たちがどんな感じなのか、というのもあります。通所している人たちが暗い表情だったり不穏だったりするとそれはそれでこちらも影響を受けてしまったりするし

そんなこんなでいろいろ調べていて、一番スタッフ…いわゆるサービス管理者の対応が良いと感じたところに通ってみることにしたのです

とりあえず

週5で朝9時から16時まで。生活リズムを整えるにはちょうどいい環境でもあります。もし不安発作が起きても対処してもらえるので、余計な不安を抱えず作業ができました。そして通所されている他の方々の表情も明るくてほっとしたのもあります

実際、ほとんど内職やっているのと変わらないくらいの工賃しかもらえません。ただ、今大事なのはいかに体調を戻していくか、悪化させないか、なので、自宅で引きこもっているよりはマシだろうし、そこで生活リズムと心の調子を取り戻して、少しずつステップアップしていくように考えるしか、今の自分にはできませんでした

所長さんはとても目標をはっきりもっていらっしゃる方のようで、なんでも言ってください、と僕に話してくれました。たとえば週5がきつく感じた時があったら、一時的に週4にするとか、とにかく僕の調子を良くすることが大事なので、即座に対応するから何でも話して欲しい、と言われました

ここからステップアップできれば、別の就労継続支援施設でA型を探すとか、障害者雇用での採用を探すとか、いろいろ先に出来ることが増えてくるかもですが、今はまずそもそもB型就労支援ですら、ちゃんと通えるのか、という問題があるので…

そこをクリアしないことにはその先には進めないので、一歩一歩やっていくしかなさそうです

もう今年の初めみたいにうつがひどい状態には戻りたくない。そうならないために過ごしつつも、できることからやってみる、というのを続けていきたいと思います

今回の通所を決めたB型就労支援のサービス管理者さんも、あまり深く考えなくていいです、きつかったら言ってくれたらすぐに対応します、と言ってくれているので、気持ちが少し軽くなりました

まずは、とりあえず、です。できるところまでやってみて、そこから先はその時に考えます

帰りの夕空

iPhone 8 Plus

今日の振り返り

●今日できたこと

就労支援に行ってきた
帰りに食料品買い物

●今晩の予定

スペイン語の勉強
晩御飯の準備

●今日のメンタルポイント

行動力80点。昨晩多分眠れたのが2時くらいだったと思うので、睡眠時間が短めで朝が辛かったものの、ちゃんと予定通り通所できた。精神面60点。作業中は初めてのことなので緊張して集中していたせいかあまり不安感・焦燥感は感じずにいられた。サービス管理者との面談でもいろいろ自分の症状とか話せたので、今後もうまく通所できたらと思う。総合で70点

●本日撮った写真…5枚(フィルム4枚、iPhone1枚)

累計 フィルム約1469枚・デジタル940枚