アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.369 / ひたすらPhotoshopでレタッチ

マミヤフレックスIIにて撮影 モノクロ 自家現像

MAMIYAFLEX II

こんにちは、今日も一日お疲れ様でした

東京のはずれは昨日からの雨が今日も続いています。時折強く降り、午前中は特にひどかったです

九州地方での被害がひどい今回の雨。被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます

今日は少し遅起き

今日は起きたのは8時半過ぎくらいでした。いつもよりちょっと遅めでしたが、例によって朝顔を確認。やはりきれいに開かない感じで咲いていました

f:id:leica13579:20210815122500j:image

f:id:leica13579:20210815122513j:image

確認してすぐ、朝ブログ作業。考えをまとめるのがとても困難で、使う写真をストックのなかから選ぶのにも時間がかかってしまいます。頭のなかでは同時に、これからどうしよう、とか、今日は●●をやらなきゃ、とかいろんなことがごちゃごちゃとかき混ぜられてしまって、本来今の自分の状況はマルチタスクができないのに、なぜか思考はいろんなことが浮かび上がって収集がつかなくなっている状況です

ひたすらレタッチ

今日もカラーネガフィルムを一本現像しました。やむなく、です。現像液が劣化してしまう前に使ってしまわねばという、いつものやつです

www.studiohonwacca.com

それが終わってからは、昨晩もできなかったPhotoshopでの写真データレタッチ作業を、ひたすらやっていました

基本的にはスキャン時に入り込んでしまったホコリをデータ加工で消すだけですが、たまに感光してしまった部分をトリミングしたり、濃度もたまに調整する、という感じです

自分はほとんどトリミングをしません。本当はもっといろいろうまくなるためにトリミングも勉強しなきゃいけないかなぁ、なんて思いますが、なぜかあまりやる気になりません

ひとつは、それ以上やろうとやるまいと、普通のありふれたスナップなので何も変わらないだろう、という自分自身への諦めの気持ち

もうひとつは「撮るときにある程度構図を考えて撮っているから」です

トリミングアレルギー

昔カメラ屋さんで働いていた時に、よく写真をプリントしに来てくれる常連のお客様がいたのですが、鉄道写真が主でしたがとにかくトリミングしまくるんですね。そのお客様が来るたびに「そこまでトリミングするなら最初からその構図で撮ればいいんじゃない?」とずっと思ってしまって、そのイメージの刷り込みのせいもあるかもしれません。「トリミングしなくて済むように最初から撮る」と考えてしまうのは

実際、トリミングは場合によって必要な作業と思ってます。構図的にはこの位置をもう少しずらした方がいい、など、微妙に変えることによって、よりメッセージ性というか、伝えたいものが伝わると思ってるのですが、自分はその「めちゃくちゃトリミングしまくりで元のままの写真がない」というお客様を毎週のように見ていたために、逆に「トリミングアレルギー」になってしまったのだろうな、と思います

自分は基本、単焦点レンズでしか撮りません。ズームレンズ(オールドレンズしか持っていませんが)を使わないので、必然的に自分が被写体に対して動くしかない、というのが染み付いているのだろうなと感じます。だから自分でも単調だなぁ、と思ってしまうことが多々あって、たまにはズームを持ち歩いて勉強しなきゃな、とも思いますが、重いしねぇ…というわけで、いつも通りの写真になります

今日の振り返り

●今日できたこと

カラーネガフィルムの現像
Photoshopでレタッチ作業
コーヒーの焙煎 

●今晩の予定

ウォーキング
晩御飯の準備
コーヒーの焙煎(デカフェ)
フィルムのスキャン
Photoshopでレタッチ作業

●今日のメンタルポイント

行動力60点。今日は全然できてない。現像もしたしレタッチ作業もしているけど、何一つちゃんとできていない気がする。精神面30点。雨で外に出られないせいもあるのか、イライラがひどい。そして自己嫌悪に陥り不安感や焦燥感が強くなってしまう。やっと雨が小降りになってきたので、これからウォーキングに出る予定。総合で45点

●本日撮った写真…2枚(iPhone2枚)

累計 フィルム約1101枚・デジタル523枚