アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.324 / 自己肯定感が低い

キヤノン デミEE17にて撮影 モノクロ 自家現像

Canon demi EE17

こんにちは、今日も一日お疲れ様でした

珍しく寝落ち

昨晩は調べ物をしていたPCの前で珍しく寝落ちしてしまいました。いつも座椅子でローテーブルでいろいろ作業しているのですが、気づいたら朝6時でした。首が痛くてベッドに行って寝なおそうかと思ったのだけど、妻を起こしたら嫌だし、面倒くさいし…と思い、座椅子のリクライニングを倒してそのままそこでウトウト。結局起きたのは10時半過ぎでした

コーヒーを飲んで少しゆっくりしてから、出しにいかなきゃならない郵便物があったのでウォーキングがてら出かけてきました

いつもと変わらぬ風景

今日の東京の気温は30度越え。汗をだらだらと流しながら8000歩ほど歩いてきました。お供のカメラはLEICA M4と、動作確認ついでに久しぶりに持ち出したフラッシュフジカ。しかしフラッシュフジカ、最初の2、3枚あたりでいきなりフィルムが巻き上げられなくなりました。どうやらパーフォレーションにきちんと巻取りの突起が引っかかっていないようで空滑りしている感じでした。なので、耳と感触を頼りに炎天下のなかフィルムをベロまで全部巻き取らないよう巻き戻して、もう一度フィルムを入れ直し。最初の数枚は多重露光している状態だけどまあいいや、と気を取り直して撮り歩き

歩きながら聴いてた、ランニング用の古いプレイリストでミスチルの「エソラ」が流れて、その歌詞に「心さえ乾いてなければ どんな景色も宝石に変わる」とあって、ああ自分もそういう心でありたい、と思いました

基本引きこもり状態なので、カメラを持って歩き回る範囲もほとんどいつも同じです。なので同じような写真が増えていくのですが、そんな毎日観ている風景だって、ちゃんと見回せばその景色のなかに、違った側面が見えてくることもありますよね

そんなわけで動作確認も兼ねていたフラッシュフジカ、気持ちが軽くなって何気ない風景のなかに見つけたものを撮りながら歩いていたら、36枚撮り1本撮り終わってしまいました

食べたら植えるよ

昨年秋に食べた後のリンゴの種から育てているリンゴの苗。二鉢あってひとつはまだ樹高10cmくらいなのですが、もうひとつが20cm超えたので、ウォーキングから帰宅してひとやすみしたあと、余っていた二回りほど大きな鉢に植え替えました。植え替え直後でベランダ汚れてて恥ずかしいですが 

f:id:leica13579:20210710154619j:image

今考えているのは、いつ剪定するか、です。このままだとまっすぐ上に伸びて大きくなるだけです。そんな大きなものをいつまでも育てるのは賃貸だと難しいので、どこかで剪定しなければならない。どのように剪定すればいいのか情報もなかなか見つけられず、困っています。例えば盆栽みたいに樹高は低いまま育てたいのだけど、そういう品種でもないのでどうしたらいいのか考え中です

不安なのは自己肯定感のせい?

例のLINEスタンプ作成の仕事ですが、数日待つことになるのですが、ずっと心の奥で考えてしまいます。果たして提出したものの評価はどうだったのだろうか、全体的な修正要請が入るのだろうか、などなど…。結局自分に自信がなくて、どうせ自分なんて、という気持ちが心の奥にあるので、不安感が強くなるのかな、と思いました

そもそも、先方から連絡が来ない限り、どうだったのかは考えても仕方のないことなのに、それを考えて不安になってしまうなんて、なんてもったいない時間の過ごし方をしているのだろう、と思います。頭ではわかっているのに、どうしてそうなるのか

もう少し心をゆったり持てるといいのですが

今日の振り返り

●今日できたこと

ウォーキング
リンゴの苗の植え替え
洗濯

●今日のメンタルポイント

行動力70点。暑い中カメラを持って出かけられたし、まずまず。精神面60点。どうしても不安感がぬぐえない。帰宅してから時間を持て余している間、余計なことを考えてしまって不安感が大きくなり、頓服を飲んだ。もっと自己肯定感を高められたらいいのに。総合で65点

●本日撮った写真…39枚(フィルム)

累計 フィルム約789枚・デジタル483枚