アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

MENU

Photo No.307 / 急遽、皮膚科へ

ロード35IVBにて撮影 モノクロ 自家現像

Lord 35 ⅣB

こんにちは、皆さん今日も一日お疲れ様でした

いよいよ写真のストックがなくなってきました

皮膚科に行く

起きたら7時半でした。こんなに早く起き上がったのは久しぶりです。昨晩から胸のあたりに湿疹がひどくて、いよいよ痒み(と掻いて痛くなる)のに耐え切れず、皮膚科に行くことにしました

実はもともと皮膚が弱い? のか、ストレスやその他諸々で湿疹が出やすいのです。ずっと前に皮膚科に行ったときに多めに塗り薬をもらっていたので、それを使っていたのですが、最近使いきってしまって、皮膚科に行っておいたほうがいいなぁ、とは思っていたのです

病院は混んでた

病院のサイトを見ると、新着情報のところに、朝10時から診察開始が9時からになりましたよ、というアナウンスが。しかしこの病院は内科がメインで皮膚科は水曜と金曜のみ。診療項目の皮膚科のページを見ると、朝10時から、となっていました。どっちが正しいかわからないので、とりあえず10時を目指して行ってみました

到着すると激込み。内科の患者と皮膚科の患者がいるからなのだろうけど、仕方ないのでツムツムをやりながら呼ばれるのを待っていました。結局呼ばれたのは、1時間半後の11時半。診察は2、3分で終わり。まぁ、そんなものですよね…

天気が怪しかったし洗濯もしたかったので、急いで電車に乗って帰ってきました。洗濯をして干していたら雨が…。仕方ないので室内干しでサーキュレーターの風を当てていたら、いつの間にか晴れている。慌てて外に干し直して、ひたすらプログラミングをやっていました

処理するだけならできた

delphiのプログラミングですが、画像をドラッグアンドドロップしてサイズ変更する、という目的そのものは達成することができました。試行錯誤の連続でしたが。しかし、重いファイルを放り込むと、プログラムが「応答なし」となってしまうのです。この「応答なし」を回避する方法はないか、といろいろ調べてみるも、答えにたどり着かず。今もどうやって処理するべきか、悩み中です

それにしても、できないかもしれないと思うくらい悩んだ、バイキュービック法での画像サイズ変更。ネット上で拾ってきた他の人の書いたコードをあれこれ修正し確認し、勉強しながら何とか自分で処理できるように変更できたのは、大きな進歩かもしれません。とりあえず次の課題に取り掛かろう

フィルムスキャンもやりました

昨晩から今日の朝にかけて、フィルムスキャンもやってしまいました。6×7なので画像サイズが大きくて時間もかかりましたが、無事終了。でも写真のストックが少ないので、もう一本早いうちに現像しなければ、と思っています

どうするか迷っているのは、カラーネガフィルムの2本。この2本以外に、おそらくカラーネガで撮る機会がしばらくなさそうなのです。この2本のためだけに現像液を作るのか、現像液が劣化する10日前後を目安に撮りまくればいいのですが、あいにくその予定もないし。どうしようか迷ってます

今日の振り返り

●今日できたこと

皮膚科に行けた

delphiプログラミングの勉強

現像したフィルムのスキャン作業

洗濯

●今日のメンタルポイント

行動力90点。今日はいろいろとできたので自分を褒めたい。精神面70点。いろいろできてよかった半面、ふとした時にやってくる不安感・焦燥感で過呼吸気味になったり、めまいがあったりで気持ち的には一応合格点なものの、大満足、とはいかなかった。総合で80点

●本日撮った写真…3枚(フィルム)

累計 フィルム約697枚・デジタル480枚