アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.293 / 久しぶりにモノクロ現像

ライカM4+フジノンL5cmにて撮影 自家現像

Leica M4 + FUJINON L 5cm F2.8

こんにちは。今日も一日お疲れ様でした

今日も8時半頃に目覚めましたが、そのまま起き上がれずウトウト。11時近くになって起き上がることができました

それから、重い腰を上げて久しぶりにモノクロ自家現像をやりました。5月の初旬に撮ったフィルム。約1か月も手をつけずにそのままにしてしまいました。もう2本(モノクロ1本、カラー1本)あるのですが、この現像はいつできることやら

www.studiohonwacca.com

f:id:leica13579:20210609121315j:image

モノクロ現像のやりにくい? 時期になってきましたね…

モノクロ現像は現像液の温度20度が基準になっているので、春と秋はほぼほぼ水温調節しなくてもいいのですが、この時期になると現像液の温度が室温で25度くらいになっているので、下げなくてはなりません。もちろん冬になると今度は水温を上げる作業が必要になってきます

でも、動く気力のない自分は、以前どこかのWEBサイトで読んだ「水温1度変わるごとに30秒増減させる」というふうに現像している方の言葉を信じて、「25度で5度高いのだから、30秒×5度で2分30秒現像時間を短くすればいいだろう」と、水温調節せずに現像しました

f:id:leica13579:20210609121331j:image

結果としては、問題なく現像できました。しかもこの現像液、もう作ってから2か月くらいは経っているはず。作り直す気力もないしだるさもひどかったので、そのまま使いました。きっちり密閉しておけば意外と使えるものですね。もちろん、スキャンして拡大してみないと詳細はわかりませんが。まだ本数も10本現像していないくらいなので、まだまだ使えるかもしれません。乾燥したら夕方からでもスキャン作業をしたいと思っています

さて、その後何とも言えない疲労感に襲われてしばらくぼんやりと過ごしていましたが、夕方から夜にかけて飲むデカフェのコーヒーがないことに気づき、何とか頑張ってデカフェの生豆を焙煎しました。うちで使っている焙煎器は小型の安いものなので、一回にコーヒー2杯分弱の豆しか焙煎できません。結局3回焙煎作業をやりました 

www.studiohonwacca.com

f:id:leica13579:20210609130637j:image

疲れた…疲れたけど、一日何もできずにもやもやを抱えているよりは、今日はずっといい感じかもしれません。エビリファイのおかげかしら

それでも、朝目が覚めてからしばらく動けないのは変わらず、なので、解決したわけではありません。もう少しエビリファイで様子を見ていくしかなさそうです

●今日できたこと

モノクロフィルムの現像1本

コーヒーの自家焙煎

●今日のメンタルポイント

行動力70点。本当は動きたくない、というか動けない感じがずっと続いていたが、何かしないと自分が本当にダメ人間な気がしてどんどん気が滅入って希死念慮も出てくるので、半ば無理矢理現像作業をやってみた。そして必要に迫られてだけど、コーヒー豆の焙煎もやった。精神面40点。昨日より少しいいような気がする。重い腰を上げたことで、達成感が少しだけどあった。ただ満足感というか満たされた気持ちには全然なれない。やはり今後どうしたらいいのか、ということを考えてしまって自己嫌悪に陥ってしまう。不安感・焦燥感も今日は少な目だったかなと思う。それでも現像の最中に動悸がひどくなってしまい、かといって途中で作業を止めるわけにもいかず辛かった。総合で55点

●本日撮った写真…3枚(フィルム)

累計 フィルム約657枚・デジタル471枚