アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.278 / 反応しない練習

ライカM4+インダスター22にて撮影 自家現像

Leica M4 + INDUSTAR-22 50mm F3.5

こんばんは。今日も一日お疲れ様でした

今日も何もなく、ただただ時間が過ぎるのを待つような一日でした

本当は久しぶりに現像をしようと思ったのですが、どうしても気分が乗らずに結局やらずじまい

起きたら8時半頃だったのですが、例によって動けずに結局10時半頃までベッドのなか。起きてからはコーヒーを飲み、食料品の買い出しついでのウォーキング。いつもならカメラを持って歩くところですが、気分がどうしてもついていかずにカメラも持たずに出かけました

帰ってきてからもずっと横になっていました。ここ数日は身体を動かすのも辛くて気持ちがあがっていきません

今はこうやって時間を過ごすしかなさそうです

ベッドに横になりながら、数独のアプリでひたすら問題を解いたりしても、数独ってひとつずつ確実に可能性を消していけば、時間はかかっても解答にたどり着くので満足感もなく、疲労感だけ残るような気持ちになってしまってやめてしまいました

Amazon Kindle Unlimitedの読み放題で何か漫画でも読んで気を紛らわしたいのですが、何かいいのがないか探しています

漫画ではないのですが、以前購入した「反応しない練習」という本が今の自分に何か役立つかもしれないと思ってもう一度読み直しています

心のありかた、というか、BUMPの歌詞にもたまに出てくるけれど、いろんな感情、自分の感じる「世界」というのは、すべて自分の心が生み出しているわけで、例えば何かカチンときた出来事があったとして、それを後で思い出して自分のなかで反芻してしまっているのですよね。それはあくまで自分の心のなかで起きていることで、カチンときたのはそのときその瞬間だけ。それを後から思い出してむかむかしたりしてしまうのは、心が生み出している怒りだったりするわけです

そういう時に、今目の前に起きている現実だけを見るようにして、心のなかで作り出した感情をうまく打ち消そう、というような事が書かれていたと思います(過去に読んだときの記憶ですが)

結局、今自分のなかに起きていることも同じで、先のことに対する不安とか、過去にやらかした失敗とか、あのときこうしていれば、とか、そういうのは全部心が生み出している幻想にすぎない。今現実に起きていることだけに目をやることで、そういう感情を打ち消して楽に生きる、ということですね

まぁ、そんな風に簡単にできれば苦労はないのですが、少なくとももう一度読み返して、いろいろ意識をし直してみる必要が、今の自分にはありそうです

●今日のメンタルポイント

行動力10点。今日も買い物&ウォーキングに出ただけで、何もしていない。精神面30点。不安感と焦燥感。何をやっても満足できないもやもや感をずっと抱えたままの一日。どうしたら満足感を得られるようになるのか、試行錯誤の一日だった。総合で20点

●本日撮った写真…0枚

累計 フィルム約645枚・デジタル471枚