アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.271 / もやもやが晴れない

フジカハーフにて撮影 モノクロ 自家現像

FUJICA Half 28mm F2.8

おはようございます

珍しく朝にブログを書いてます

8時過ぎに目が覚めたのですが、今日をどう過ごせばいいのかもやもやして、何もできずにいます

とりあえずコーヒーの焙煎はやろう

でも他に何を?

本当はLINEスタンプを作りたい。40個作らねばならないところ、まだ現在21個。少しでも進めたいと思うのだけど、気持ちが動きません。何をやっても満足感が得られなくて、代わりに「何やってんだ自分」という気持ちになってしまうから

開き直ることができたらいいんですよね…自分は病気なんだ、と

でも、それができたらこんなにもやもや感を抱えて過ごすことはなくて気持ちはずっと楽なのに、できないんですよね

妻には「ひとりで部屋にいるから余計鬱々といろいろ考えてしまうのではないか」と言われました。いっそのことどうせ生保を受給して体調を整えるために休んでいるのだから、鬱々するよりはB型就労支援に通所するのはどうか、と言われました

それもありかな、と思っています

50代で仕事を探すのは至難の業です。まして精神に病を抱えていて、月1回の通院があって、だと、普通の月~金で仕事をするのは無理があります。障害者雇用は別ですが、以前の苦い経験があるので余計に鬱々としてしまい病が悪化するのでは、と怖くてできません

B型就労支援でも受けて激安の工賃をもらえば、それでも「自分が生産的なことをした」と感じられるのかもしれないし、それもありなのかな、と思うようになりました。一気に何とかしないで、一歩ずつ前に進むことができるならそれもありかもしれません。しかしA型就労支援施設に行ったときもそうだったのですが「50過ぎて自分は何をやっているんだろう」と自分がどんどん情けなく思えてくるのですよね。そうしてもやもや感をまた抱えてしまう。じゃあ一体どうしたらいいのか、となってしまって、結局もとのところに戻ってきてしまう感じがしてしまいます

それでも、一歩踏み出すのもありなのかもしれません。なんでもいいから、今の抱えているもやもやと違うもやもやを抱えることになったとしても、それは「ステップ」なのかもしれない、なんて思ったりします

さて、今日は夕方も一日振り返りのブログを書くので、それまで自分の出来ることをします