アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.310

f:id:leica13579:20210323173300j:plain

Fujifilm X-E2 + SUPER EBC XF27mm F2.8

久しぶりに唯一持っているデジタルのレンズで持ち歩いてみた時の写真

ピントあわせを自分でしないの、ってなんか微妙

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんばんは。今日も一日お疲れ様でした

今日は起きたら9時ちょっと前でした。それからコンビニに出かけるついでにカメラを持って出て、戻ってからは一日中ひたすらLINEスタンプ作りをしていました。ものすごく単純なイラストだったのであっという間に作り終わり、無事出品申請をしました

f:id:leica13579:20210323173755p:plain

フィルムパトローネのキャラクターです。単純すぎ

申請するときにタイトルをつけるのですが、そこで初めて「パトローネ」というのがドイツ語だと知りました。英語ではフィルムカートリッジ、フィルムカセットなどと言うらしい。英語学科中退のくせに英語はすっかり忘れているので、本当かどうかは定かではないけれど

そして「動物スタンプ」の特集用申請も、LINEで現在しているようなので、次は動物スタンプを作ろうと思うものの、凝った絵を40個描くのは疲れるので、やはり今まで作ったネズミさんのスタンプのような単純なものにしようと考えています

line.me

line.me

LINEスタンプ作りは、作業中は楽しくもあり、苦痛でもあります。そもそも普段LINEは妻と以外はほとんど使用しないので、どんな言葉をスタンプにするかで毎回悩む。妻との会話だと「お疲れ様」とか「ありがとう」とか、そのへんがほとんどで、普通の高校生や大学生など、世の人たちがどんなLINEを送り合っているのか知らないからです。いろいろ参考にしながら作っているけれど実情に合っているのかしら

そして完成すると満足感は得られるものの、次を作り始めるときには「また40個作るのか…」とがっくりしてしまいます。最初の5個くらいを作って止めたスタンプデザインはいくつもあります。気力が持たずモチベーションがあがらないまま時間が過ぎて、結局お蔵入りするというパターン。これで売上が大量にあるのなら、まだモチベーションもあがるのだけど、ごくわずかしか売れないのだから、気力を保ち続けるのはなかなか努力がいります。しかし今は他に何もできないのだから、それくらいの努力はしないと自分自身がどんどんダメな人間に思えて来て落ち込んでしまうので、やはり努力だけはしたいと思います

また英語のスタンプも作りたいのだけど、それこそ海外の人たちはどんなLINEを日常会話でやり取りしているのかさっぱりなので、ネットで調べるだけ調べて作ってはいるものの、リアルな内容を知りたいなぁ、と思う

以前作った英語のLINEスタンプはこんな感じでした

line.me

line.me

ちなみにコーヒーカップから文字が飛び出すスタンプは、日本語版を作っている最中でモチベーションが低下して、作業がストップしたままになっています。何とか完成までもっていきたいとは思っているのだけれど…

これから晩御飯の準備をして、CHICAGO FIREシーズン6を観ようと思います

●今日のメンタルポイント

行動力70点。近所のコンビニまでカメラを持って出かけただけ。ひたすらLINEスタンプ作りができたのはよかった。精神面50点。今日も作業に集中していたせいか、不安感・焦燥感は少な目だった。それでもやはり、動悸は今日もあった。中途覚醒は1回。総合で60点

●本日撮った写真…8枚(フィルム)

累計 フィルム約122枚・デジタル252枚