アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.305

f:id:leica13579:20210317222805j:plain

Fujifilm X-E2 + CANON FD 50mm F1.8

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんばんは。皆さま今日も一日お疲れ様でした

今日は11時近くまで眠っていました。中途覚醒が夜中と朝方に二回あって、眠った気がしなくて無理矢理寝ていました

起きてから、カメラを持ってちょっとだけ散歩に出ました。今日は日差しは暖かいけど風が少し冷たかったかな、という感じ

帰宅してからはミシシッピニオイガメと熱帯魚の水槽掃除をしました。綺麗になった水槽をしばし眺めたあと、LINEスタンプ作りをしていました。とはいえ、アニメーションスタンプを作っているので全然進みません。1つのスタンプを作るのに絵を20枚近く描いたりコピーしたりなので、仕方ないといえば仕方ないのですが

一件だけ応募したアルバイトは、連絡すら来ません。年齢不問、と書いてあるものでも、ほとんどは50代なんて採用はしないよね、と虚しい気持ちになります

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

前回の通院からエビリファイが追加になったのだけど、それから悪夢を良く見ます。ひどいのは3回目の数か月だけ夫婦だった境界性パーソナリティ障害のDV妻が出てくること

出会って3か月で入籍したのですが、それまで全然何も問題ありませんでした。だから入籍したのですが、入籍した直後からひどくなりました。モノを投げつけてくる、壊す、僕のモノを勝手に捨てる、当時僕が飼っていたインコを僕への怒りで外に放す。暴言の数々。耐えきれず自分は失踪しました。ネカフェを転々とし、最終的に離婚にこぎつけるまで以前書いたたった一人の友人夫婦宅にお世話になりました。そのへんの話は後日気が向いたら書こうと思っていますが、入水自殺直前までいったのはその時です

借金が増えたのもその相手のせいでした。二度の自殺未遂での入院。そして二人で住んでいた部屋のフローリングや壁紙を破壊。借主は自分なのでその修繕費などで借金が一気に膨れ上がりました。その相手に請求しようとしたのですが生活保護を申請したため回収できなくなりました。こちらもこれ以上関わりたくないという気持ちがあり、被害届も検討しましたが何もせず縁を切りました

その時のまさに悪夢のような出来事が夢のなかで時々よみがえります。これが結構キツイので毎晩エビリファイの服用をためらってしまいます。それでも日々の自分の体調を考えれば、悪夢さえ我慢すれば、という気持ちです

●今日のメンタルポイント

行動力60点。散歩はちょっとだけで写真もあまり撮らなかった。でもLINEスタンプ作りなどある程度のことはしているので、良しとします。精神面40点。気持ちは憂鬱だし不安感や焦燥感もいつも通り。それでもエビリファイが気持ちを少し押し上げてくれているからなのか、LINEスタンプ作りに集中できています。中途覚醒は2回。総合で50点

●本日撮った写真…9枚(フィルム)

累計 フィルム約103枚・デジタル250枚