アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.301

f:id:leica13579:20210314144631j:plain

Nikon F2 + NIKKOR-S 50mm F1.4

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんばんは。今日も一日お疲れ様でした

今日は日曜日だったこともあり妻をゆっくり寝かせてあげたくて自分もウトウトしていたら、起き上がったのは13時過ぎでした

起きた瞬間から気持ちがざわつき、不安感で自分の体が満たされていくのを感じて一気に気持ちが落ちていきました

軽く何か食べようと、久しぶりにパンケーキを作ったのにベーキングパウダーを入れ忘れて何だかもさもさした食感になってしまってさらに落ち込んだり

気分転換にLeica M4にモノクロフィルム(フォマパン)を入れて、本当に久しぶりにウォーキングに出かけてきました。近所の記録写真みたいな感じでただひたすら撮って歩いて。帰ってきてからモノクロ現像液を作り、定着液の疲労度チェックをしたあと、今日撮ったモノクロフィルムの現像をしました。モノクロ現像は本当に久しぶりです。うまくできるか心配だったけれど、特に問題なくできました

今日は少しだけど昨日より不安感は弱めでした。少しずつ現実を受け入れてきたのかもしれません。とにかく再起するためには生活保護受給と自己破産がどうしても必要になるのだ、ということを心が納得し始めたのかもしれません

自己破産は本当に悔しい。この歳で二度目の自己破産となると、二度とカードは作れなくなると思います。まあ、デビットカードがあればクレジット決済も可能と言えば可能なので、クレジット決済しかないものに関してはデビットカードで処理すればいいのかな、と思っています

ハロワの職業訓練なども考えたのですが、たとえ生活保護受給となったとしても、短い時間のバイトだったり障害者雇用だったり別のA型就労支援だったりでリハビリのような感じで働いていきたいので、そうすると職業訓練の給付金なども含めて収入が増えて生活保護受給が停止になってしまいます。そもそも生活保護受給を決めたのは自分がしっかり休んで精神の状態を少しでもよくするためと、自己破産を円滑に進めるための2点なので、生活保護受給停止になっては意味が無い、という、どうにも悔しい現実があります

とりあえず自分が今やらなければならないことは、休むこと。心を休ませること。なので日々のウォーキングも少しずつ再開していかなければいけないのかな、と思っています。太陽の光を浴びて自然の風を感じながら、心を癒していくことが、今は何より大事なのだろう、と思っています

もちろん簡単ではありません。結局仕事が見つからなければ不安感は増えていくし、このままでいいのか、と常に考え続けてしまうでしょう

それでも、今必要な「休むこと」を第一に考えて、前に進んでいこうと思います

ここからだって、また這い上がれる。何とか這い上がってみせなければ、妻にも妻の家族にも顔向けできません。妻をがっかりさせることがないよう、そのためにはまずは「休むこと」を第一に。そして少しずつ働くことを第二に。そうして前に進んでいきたい、と今はそれだけ考えています

●今日のメンタルポイント

行動力60点。ウォーキングにも行けたし久しぶりのモノクロ現像もできた。精神面40点。不安感や焦燥感は昨日よりずっとましだった。久しぶりにLeica M4を持ち出したからか、無心に写真を撮っていたような気がする。現像している最中は「こんなことをしていていいのか」という罪悪感も感じたりしたけど(フィルムはお金かかるし)、それでも昨日よりはましだった気がする。中途覚醒は1回。総合で50点

●本日撮った写真…38枚(フィルム)

累計 フィルム約94枚・デジタル212枚