アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.296

f:id:leica13579:20210309170932j:image

iPhone 8 Plus

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんばんは。皆さま今日も一日お疲れ様でした

今日は通院日でした。主治医に現在の状況を話したところ、うつがひどくなっているのでエビリファイが追加になりました。そしてやはり休養するのが一番、ということを主治医に強く言われてしまいました。ただそれでは生活できません。となるとやはりもう何もかも諦めて生活保護受給を検討するときかもしれません

しかし、部屋でただじっとしているのもかえって精神的に悶々としてしまいそうなので、バイトの応募もしています。明後日面接が決まりました。週3、4日、一日4、5時間という範囲での接客のお仕事になります。じっと検品の仕事をしているよりずっと気持ちが前を向きそうだと自分では感じています

ただ、その労働時間数で得られる収入では生活していけないので、生活保護受給を検討しています。生活保護を受給しながら、そして休みながら短い時間働く。気分を変えるのに電車で1時間ほどの通勤をして、体調を整える

果たしてそれができるのかどうか、というところです。でも、無理ならやめればいい。生活保護を受給しながらゆっくりゆっくり体調を戻し、自分に出来る仕事を探していけばいい。それが今の最善の道なのかも、と思っています

A型就労支援も本当は行きたくないのですが、契約開始してしまった以上、まず少しは通います。でも面接で明後日も欠勤だし、もし運よくバイトが決まれば就労支援に行くのは辞めるつもりです。たとえ収入が少なかろうが、そのぶん普通に働いたほうがいい。そして生活保護を受給しながら安定的に働ける職場を探すと同時に、体調を普通の状態にまで戻せるよう努力していく。これが今自分が考えるベターな方法かな、と思っています

正直、生活保護受給になるのは悔しいです。過去に一度生活保護を受給し、抜け出して普通の生活ができるようになったのに、またそこに戻らなければいけない、というのは本当に悔しい。だけど、現状では仕方ないのです。自己破産もしなければなりません。二度目の自己破産なので現状はかなり厳しいです。しかし、生きていくためにはその選択肢を真剣に検討しなければ、というのが現状です

悔しい。でも生きる為に、再起するために、検討しなくてはなりません

●今日のメンタルポイント

行動力60点。無事都内に通院してちょっとした買い物もしてきた。精神面20点。不安感のひどさからくる動悸と、うつの落ち込みがひどいのとが合わさって、本当に調子が悪かった。何をしても楽しくないし笑顔もでない。苦しみの感情しかない感じ。中途覚醒は2回。総合で40点

●本日撮った写真…5枚(iPhone

累計 フィルム約56枚・デジタル186枚