アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.284

f:id:leica13579:20210225161556j:plain

Fujifilm X-E2 + MD ROKKOR 50mm F1.7

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんばんは。皆さま今日もお疲れ様でした

今日も体験就労でした。昨日やったプラスチック部品の検品に加え、PC排熱ファンの清掃作業も行いました

正直、今日は辛かった。精神的に不安定な状態だったので、時間が進むのがすごく遅く感じて、いつまでこの作業を続けるのだろう、と気が遠くなった。それでも、何とか作業は無事終わって帰路についた

電車のなかでも、歩きながらも、ずっと「これでいいのだろうか」と考えていた。他に何か道はないのか。当然、答えは出ない。それに一日中胸がざわついていて不安感と焦燥感にかられ、動悸がひどかったので頭がまわらない

答えなどないのだ。今の精神状態ではそもそも普通に働くのは不可能。だとしたら障害者雇用かA型就労支援しか選択肢がない。あとは生活保護だが、これはできれば考えたくない。妻に迷惑がかかってしまうし、もしこの選択肢の場合は離婚して妻に迷惑がかからないようにするのがいいのか、とか、悪い方へ悪い方へ考えがいってしまう

考えても悪い方に行くのなら、いっそ考えないほうがいい。どうせ考えても答えはでないのだし、今の自分には抗う事のできない大きな波がやってきているのだ

明日になればまた考えも変わるし気分の波も多少のリズムがあるので、明日は明日で少しましかもしれない。もちろん、今日よりも悪いかもしれないし、これもその時にならないとわからないこと。なのに考えてしまう。これでいいのか、と

ソラナックスを飲んだが、気分は変わらない

いっそ楽になりたい。すべてを終わりにしたい、とすら思う時がある。そう思うということは、うつがひどいということだし、だからこそ考えないようにしたい。したいのにできないこのもどかしさ。胸のモヤモヤ感、ざわつき。不安感と焦燥感

楽になりたい

●今日のメンタルポイント

行動力60点。何とか頑張って体験就労に行ってきた。時間が短いのが救いだが、それでも辛かった。精神面20点。不安感と焦燥感から胸のざわつきがひどく動悸がひどかった。これは何の罰なのだ、と思ってしまう。中途覚醒は3回。中途覚醒のあとなかなか眠れずきつかった。総合で40点

●本日撮った写真…0枚

累計 フィルム約35枚・デジタル179枚