アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.281

f:id:leica13579:20210221111830j:plain

Fujifilm X-E2 + MD ROKKOR 50mm F1.7

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんばんは。皆さま今日も一日お疲れ様でした

不安感は今日もひどく、動悸がひどい一日でした。

今日は久しぶりにお題の日記

お題「#この1年の変化

と言っても、大きな変化ってないのですよね…。昨年の今頃はまだ仕事探しを始めたばかりで、すぐに見つかるだろうと思っていました。ところが新型コロナウィルスの流行でハロワからも仕事が減り、全然見つからない事態に。それでも自分のできることをやる、という感じでLINEスタンプやLINE着せ替えを作っていました。毎日ハロワの仕事を探しながらの、何もできない日々がそれからずっと続きました

やっと12月に障害者雇用で仕事が決まったものの、体調悪化で退職という残念な結果になってしまい、途方に暮れる毎日です

金銭的な余裕がないため、気持ちにも焦りがひどく、それがかえって体調を悪くしています。それでも前に進まないといけない。でもどうするのか…

今日はA型就労支援の事業所に見学に行ってきました。やる作業はプラスチック部品の検品作業です。自分にできるのか、続けられるのか、不安しかありません。A型就労支援施設なので雇用契約を結び、早ければ3月末から仕事をするような感じになります。今は「また続けられなかったらどうしよう」という不安でいっぱいです。障害者雇用で失敗しているので、同じことにならないか、とそれが不安でなりません。ただ、じゃあ障害者雇用で他に仕事があるのか、といえば、なかなかない状況。仕事を選んでいる余裕もありません。そして障害者雇用だとどこまでフォローしてもらえるのかという点で不安もあります。その点、就労支援ならばそれなりのフォローがあるので、体調悪化などにも対応してもらえます。今の自分の状態は明らかに悪く、いきなり普通に仕事をしようとしても今以上に体調が悪化するかもしれない、と考えると、A型就労支援は「よりベター」な選択肢なのかもしれません。工場での検品作業で体調を慣らしていき、少しずつ自信を取り戻すしか、今は手がないように思います

しかしこれも、今現在体調が悪いから頭が回らず、そんなふうに思うだけなのかも、と思ってしまったりもして、本当にモヤモヤ感が晴れません。考えても選択肢がたくさんあるわけではなく、ならば現状を受け入れるしかない、と思うのに、心がついてきません。そして「続けられなかったらどうしよう」という考えに戻ってきて心がモヤモヤし続けるのです。やってみなきゃわからないことなのに、やる前から不安感が押し寄せてきます

この病気から解放される日は来るのだろうか。この常につきまとってくる不安感から逃れられる日は来るのだろうか。絶望的な気分になります。とりあえず前に進まなきゃいけないのに、ずっと同じところで足踏みをしている感じです

24日からA型就労支援事業所で体験就労を1週間くらい行う予定です。当然賃金はなし。通えるのかどうか、仕事ができるのかどうか、の体験です。その体験だけでもうドロップアウトしそうで怖いですが、何とか就労できれば、と思っています。それで就労できるなら、そこからが自分の再スタートになります

もし無理そうなら、別の道を考えることになりますが、それはその時が来たら考えればいいことで、今考えても仕方ありません。そう、仕方ないこと、とわかっているのに、先の不安感からどうしても考えてしまいます。この悪循環から抜け出したい。いったいいつになったら安心して暮らせるのか。仕事が普通にできるようになるのか。生きていくのに疲れてしまっていますが、今よりもましになるためにもう少しだけ頑張ってみるしかなさそうです

●今日のメンタルポイント

行動力70点。電車を乗り継いて事業所の見学に行けた。精神面20点。不安感と焦燥感が大きく、動悸がひどくてモヤモヤ感もひどく、とにかく集中できない一日だった。今も動悸がひどい。寝ている間だけ心が落ち着いていられる感じ。中途覚醒は1回。総合で45点

●本日撮った写真…0枚

累計 フィルム約35枚・デジタル179枚