アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.275

f:id:leica13579:20210216175852j:plain

Fujifilm X-E2 + Super-Multi-Coated TAKUMAR 35mm F3.5

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんばんは。皆さま今日も一日お疲れ様でした

今日が無事終わろうとしています

本日は急遽、通院しました。先週行ったばかりなのですが、あまりに症状がひどく出たので頓服で飲む薬を処方してもらいたかったのと、現状の報告をしに行ってきました。1時間以上待たされてから、いろいろ話してきましたが、先生としてはできれば入院をすすめたい、とのことでした。それぐらい状態としては悪かったということなのでしょう。ただ現状で入院できるかというと、予算の問題が一番大きくあり現実的には不可能だろうという結論にしかなりません。しかし先生はそれでも、何とかなるなら入院したほうがよいのではないか、という話でした

自分としては、引っ越したばかりの部屋から離れて入院するのは、逆に不安感を感じてしまいそうだし、そもそも入院生活を送れるような余裕はどこにもありません

あとはケースワーカーさんとも話しましたが、やはり入院もひとつの選択肢として考えてはどうか、という話でした。そして生活保護。一時的に生活保護を受けて、というのも選択肢のひとつだと、ケースワーカーさんもおっしゃってました。ただ自分としては、これもできれば避けたい。できることなら自力で何とかしたい、と思っていますが、実際問題として可能かどうか。先生も妻も、一度しっかり休養してまずは心を休めて治療に専念すべき、という考えです。それはよくわかります。しかしそれでは生活が立ちいかなくなります。もし完全休養となれば、生活保護一択になってしまいます。それは避けたい。ギリギリまで避けたい。何とかできるなら何とかしたいに決まっています。この精神状態でそれができるかどうか、というところなんだろうな、と思っています

結局、診察と相談と、待ち時間とで、帰宅したのは18時少し前でした

不安です。不安感が強いです。そして焦燥感。なのに具体的に何一つ動けない現状。これがますます辛さを大きくしています。今日は結局頓服としてソラナックスを10回分処方されました。少しは効いてくれるだろうか…

●今日のメンタルポイント

行動力70点。何とか通院した。ケースワーカーさんとも話をした。精神面30点。不安感がひどく動悸とここ最近頻発している過呼吸に悩まされた。中途覚醒は2回。相変わらず寝た気がしない。この不安感といつまで付き合わなければいけないのか。もしかして残りの人生ずっとこうなのか、と思うと気が遠くなる。総合で50点

●本日撮った写真…0枚

累計 フィルム約35枚・デジタル178枚