アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.264 / ミニマリストに憧れる

f:id:leica13579:20210202135353j:plain

写ルンです(期限切れ)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

写真は本当は昨日UPしようと思ってアップロードしたのだけど、急遽取り替えたためにアイキャッチ画像になってしまったもの。なんて初歩的なミス

こんばんは。今日も一日お疲れ様でした

今日も一日が終わろうとしています

今日は急遽在宅勤務となりました。明日は出社です。在宅勤務用の会社貸与PCを、引っ越しで持ち歩くのは危険なので返却しなければ。行くのは面倒ですが仕方ありません

引っ越したら今より20分くらい早く家を出ないと職場に間に合わないのも、ちょっと面倒なことのひとつです。駅周辺にはコンビニすらない住宅街なので、生活もそれなりに不便になります。でも家賃が今より2万円低くなるのでいたしかたない感じ

今日はベランダのプランターに入っている土を少し捨てました。まだ結構あって、重さがあるので捨てるのも大変です。あと今日も含め3日で引っ越し準備を終わらせないといけないので、まだまだ大変。引っ越し前日は欠勤届を出してあるので、丸一日片付けをします

今日はこのあと、こまごましたものを段ボールに詰めます。最終的に間に合わなくなりそうなら全部箱に放り込めばいいや、という気持ちもあったりします。まあ、何とかなるでしょう、と思っているけど、最終日の丸一日つかえる日にどれだけ進むか、というところになりそうです

カメラ以外はそんなにモノを持っているわけではないので、それほど大変じゃないと思っていたけど、引っ越しとなるとそう簡単ではなさそうで、こういうときミニマリストに憧れます。憧れるけど、なれないなあ、と自分では思っています。それは自分の経験からなのですが「いつか、は必ずある」と思っているからです。捨てる人は「いつか、は来ない、だから捨てる」という思考なのですが、自分の経験からはその逆でした。あとで買い直したことは数知れず。買い直せるものならいいのですが、絶版になった本などは二度と手に入りません

でも

ミニマリストに憧れます

ということを考えると、カメラやレンズもそうなのですが「本当に必要なモノだけ」手元に置き、そうじゃないものは処分する、というところに行きつくのですよね。カメラも今回箱に詰めるのが大変でした。緩衝材は大量に使うし、詰めた箱は重くなるし。必要以上にいろんなものを捨てようとは思いませんが、これは、というモノだけに囲まれて過ごすほうが、いろいろとスッキリしそうです。片付けも楽になるし。そう考えると断捨離は大事なのだなぁ、と思うのですが、例えば大量のネガフィルムなども捨てるわけにはいかない。写真の束も捨てるわけにいかない。それ以外のところでモノを減らす努力をしないといけなそうです。今回どこまでできるかはわかりませんが、引っ越した先では「モノを増やさない努力」をしたいと思っています。もちろんネガフィルムなど必ず増えていくものは仕方ないとしても、カメラやレンズも整理していきたい

増やすときは必ず何か減らしていく、そんなふうにしていこう、と、引っ越しで大変な思いをしている今、思うのでした

●今日のメンタルポイント

行動力70点。もうちょっと引っ越しの作業が進められると思っていたが、そうもいかなかった。精神面30点。今日は在宅勤務だったけれど上司から来るメールでの指示に振り回され、落ち着かないし不明点などで余計な不安感や焦燥感に追いかけられる感じで、どうにも動悸がひどかった。中途覚醒は1回。総合で50点

●本日撮った写真…0枚

累計 フィルム約35枚・デジタル136枚