アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.246

f:id:leica13579:20210116095410j:plain

Fujifilm X-E2 + Super-Multi-Coated TAKUMAR 35mm F3.5

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんばんは。今日も無事一日が終わりそうです

今日は休日1日目。引っ越しの件で再度提出しなければならない書類などがあったので、昼に出かけてきました

近くにすむ妻の両親から車を借りることになり、その駐車場も借りなければなりません。妻の両親が、もう車をあまり運転したくないらしく(何度かひやりとしたことがあったらしいです)、その駐車場を借りる手続きにいきました。駐車場を借りても今より家賃含め1万円ちょっと安くなるので、生活は少しは楽になるかな。自分の給料があまりに安くてふがいないことこのうえない。それも不安感・焦燥感の原因のひとつ。給料がもう少しよかったら、わざわざ引っ越すこともなかったのに、と思うとちょっと悔しいというか、やっぱりふがいなさ、ですね。それでも自分の時間が増えたし、自分の病気を考慮してくれる職場にいられるのはありがたいことなんだよな、と思います。クローズで一般就労なら、どうなっていたかと思うとそれはそれで怖いです。病気のことを隠しながら、普通の人と変わらないように仕事に向き合うのは、かなりのストレスを抱え込むことになってしまうので

3時過ぎでしたが、帰りにカレーを食べて帰ってきました。朝からパン一枚だけしか食べてなかったので

f:id:leica13579:20210116175711j:image

そういえば最近、PUI PUIモルカーが話題ですが

www.youtube.com

自分は昔、モルモットを飼っていました。牧草の準備をしたりすると、本当にあんなふうにプイプイとやかましく鳴きます。とてもかわいらしくてモルモットは大好きなのですが、とにかく糞尿の量が多い。ペットシーツもすぐにびしゃびしゃになるほどで、その掃除が本当に大変です。そしてニオイも結構するし、ケージの場所もとるし、もう二度と飼うことはないと思ってます

不安感をできるだけ忘れるために、海外ドラマを観たり、スマホでゲームをしたりと、なるべく気を紛らわすようにして過ごしてますが、どうしても落ち着かない

そんなときは、本当は寝るに限るのですが、一人暮らしじゃないのでそうもいきません。寝たところで、起きたら不安感に襲われるのであまり変わりはない。それに、寝てしまうと「あれができなかった、これをやろうと思っていたのに」という自責の念にかられてしまうので、結局今のまま、やりすごす努力をするのが一番なのかもしれないと思います

●今日のメンタルポイント

行動力80点。やろうと思っていたこと、やらなきゃいけなかったことは完了した。精神面50点。相変わらず不安感と焦燥感がひどい。動悸が断続的にやってくるのは今日も同じで、いろいろ大変だった。中途覚醒はめずらしく1回のみ。それでも深く眠った気がしないのは同じ。朝までぐっすり眠りたい。総合で65点

●本日撮った写真…24枚(デジタル)

累計 フィルム約29枚・デジタル80枚