アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.243

f:id:leica13579:20210113120054j:plain

X-E2 + Minolta MD ROKKOR 50mm F1.7

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんばんは。今日も一日無事に終わりそうです

本日はリモートワークのため、一日部屋にこもりっきりでした。外に出ないというのはちょっと逆にストレスだったりします。休みの日はウォーキングに出たりしていたし、出勤の時は通勤と、外に出るのが普通だったので…。通勤がないのが楽だけど、そのぶん外に出ないストレスもあります。テレワークしてる人たちのなかには、自分のように外に出たい人もいるだろうから、大変だろうな、と思いました

まあ、本日は無事、会社のPCとのリモート操作もできて、何とかこなしました。明日は通常通り出社となります

さて、冒頭の写真のZenit3M。あまり使用回数が少ないカメラですが、ロシアカメラは大好きです

f:id:leica13579:20210113123301j:plain

このカメラ、マウント径はLマウントと同じ39mmなのですが、フランジバックが長く、M42くらいあります。なのでこのレンズ、INDUSTAR-50 50mm F3.5は、ライカなどにつけるとマクロ撮影しかできません。デジカメのM39マウント(ゼニットマウント)アダプタってあるのかしら。なのでX-E2にも装着できず、このカメラ専用になってます

f:id:leica13579:20210113123956j:plain

このカメラの出番が少ない理由のひとつが、操作方法です。フィルムを巻き上げたあと、シャッタースピードのダイヤルを調整します。この順番が逆だと壊れてしまうからです。巻き上げてから、シャッター速度。まあ、日中撮るなら、シャッタースピードはほぼ固定しているのでいじることも少ないのですが、ついうっかり巻き上げる前にシャッター速度を変更してしまうと壊れてしまう、という怖さがあって、なかなか出番が少ないカメラとなっています(これで以前、ゾルキーを壊しました)

f:id:leica13579:20210113124142j:plain

Made in USSRがなんか嬉しい一台です

このカメラ、シャッターを切ると次の巻き上げまでファインダーがブラックアウトしたままになります。このへんも潔いというか、巻き上げて撮ろうとするまでファインダーなんか何も見えなくたっていいでしょう? 的な感じ

今年は何度か使いたいなあ、と思っているカメラのひとつでした

●今日のメンタルポイント

行動力80点。無事リモートワークをやり終えた。途中トラブルもあったけど、何とか終了。精神面50点。焦りと不安感が途中出てしまっておさまるまで時間がかかった。昨晩の中途覚醒は2回。ぐっすり朝まで眠りたい。総合で65点

●本日撮った写真…0枚

累計 フィルム約29枚・デジタル55枚