アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.209

f:id:leica13579:20201211000646j:plain

Leica M4 + Canon 50mm F1.4 Lマウント

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今週が無事終わった。今日も頑張った自分を褒めたいと思う

来週からは新しい職場になるけど、今から緊張感と不安感でいっぱい。月曜日が無事終わるまでこの不安感と付き合うことになりそうだ

働き始めて約2週間。生活のリズムもそれなりにできてきたし、何より「無為に過ごしている」という気持ちを味わうことがなくなったのが嬉しい。もっとも、ワーキングプアであることに変わりはないのだけど、働けないでいた時期を考えるとすごくいい。こうやって毎日を過ごしていければいいな、と思う

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 

そういえば、先日作ったこのねずみさんのLINE着せ替え、たまに買ってくれる人がいて嬉しい

line.me

僕は小さきイキモノが好きなのだ。だからこれを作った

自分は昔、ハムスターをたくさん飼っていたことがある。一番多い時で8匹くらい。もちろん全部別ケージなので、部屋がケージだらけだった。その後、ジャービルスナネズミ)やモルモット、パンダマウスなども飼っていた。モルモットも最大8匹くらいだっただろうか

本当は犬や猫が買いたいのだけど、まずもって飼育していくための資金がそこまでない。ハムスターでさえ、病気になって病院に連れて行けば数千円かかる。それに、犬猫可の物件となかなか縁がなかった、というのもあるし、そんななか、気づいたらげっ歯類を買うようになっていた。小さいけど頭がいい。そしてかわいい。ニオイは結構するけど慣れたらまったく気にならなくなるし、ちゃんと掃除をすればよい

でも、今また飼うか、と問われると、NOなのだ

今は熱帯魚だけで精一杯。ほかのことに手を出さないようにしよう、と思っている

昔はうつや不安障害がひどくても、たくさん飼っていた。それは多分「彼らに必要とされている」と感じたかったのかもしれない。精神的にもきつかったけど、世話をすることで自分自身を保っていたのかもしれない、と思っている。自分が世話になっていたのだ。小さな生き物たちに。

あの当時と比べたら、心の調子もずっといい。だから今は、小さき生き物たちにはお世話にならなくていい自分がいることに、感謝しなければならないのかもしれない

●今日の良かったこと

・今週も無事仕事をこなすことができた

・昨晩は1回しか中途覚醒しなかった

●今日のメンタルポイント

行動力80点。今日もあれこれ頑張れたなと思う。精神面は60点。不安感もあるけど今週も頑張って仕事ができたことで満足感もあった。総合で70点