アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.201 / LINE着せ替えいろいろ

f:id:leica13579:20201202224151j:plain

Leica M4 + Canon 50mm F1.4 Lマウント

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

LINE着せ替えを連続して作っていたのだけど、とりあえず申請したものは全部承認されて販売中になっています

今回の一番のお気に入りは、ねずみさん

line.me

きのこさんもあります

line.me

そしてドット絵のカメラ

line.me

しばらくは土日しかLINEスタンプやLINE着せ替え作成にかかれないかな

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

12月1日から、新しい職場に通勤している。正直、あまりに久しぶりの通勤なのでキツイ。しかも片道1時間15分くらいの道のりで、ここ数年こんな長距離通勤はしていなかったので、余計に精神力を消耗している

そして、まだ仕事はしていない。というのも、初日は研修動画を観たり、入社にあたっての書類あれこれ記入などで時間を費やし、二日目も同じく研修動画と確認テストみたいなものをやったり、本格的な業務にかかるのは明日以降とのこと

明日から本格的な業務というのが、また妙に緊張してしまう。今まで経験したことのない業種での作業なので、どこまでできるのか、慣れるのにどれくらいかかるか、など、気になる事が山積みで、なかなか不安感がぬぐえない

とはいえ、起きる前から先の事を心配して不安になっていても仕方がない。わかっているのだ。わかっていてもそれが不安で動悸や軽いめまいをおこしたりする。こればかりは仕方がない。明日の今頃の時間になれば、どうせすべて終わっていることなので、その頃には「取り越し苦労だった」と思う事になるのだろう、と思う。もしくは「どうしよう、やっていけるかな」と思うのかもしれないし、そう、これも明日が過ぎないとわからないのだ

そして経済的苦境にたたされている現実。今回やっと決まってくれたのは嬉しかったけど、障害者枠でのパートの仕事。少なくとも最初のひと月は一日6時間しか働かせてもらえない。ボーナスもなし、昇給もほとんど望めない。それでも仕事が決まらずモヤモヤを抱えるよりはずっといいかと思っているけれど、不安材料であることに変わりはない

唯一救いなのは、障害者枠であるので、調子があまりにも悪い時などの配慮がちゃんとされるということ。この二日間でも、体調不良で早退している先輩がいたけれど、上司がちゃんと見てくれていて配慮しているのを目の当たりにすると、しっかりしているところはしっかりしているのだなあ、と思う

何はともあれ、今週はあと二日出勤がある。毎朝7時に起きて8時前に出る生活に、早く完全に慣れなければ

●今日の良かったこと3つ

1 早起き二日目、少しずつ慣れて来た

2 1時間ちかくの電車移動にも慣れて来た

3 職場の空気にも少しだけ慣れて来た

●今日のメンタルポイント

行動力80点。まだ通勤生活を始めて二日目だけど、頑張ってるなと思う。ただ体調が万全なわけではないし、精神的にも不安定。特に業務としてはまだ何も始まっていないので、その不安が大きくて動悸が何回かおきた。精神面では50点。不安感はぬぐえないものの、頑張っている自分を褒めてあげたい。総合で65点