アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.172

f:id:leica13579:20200929114214j:plain

Leica M4 + JUPITER-8 50mm F2

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

先日、軽くぶつけてからちょっと違和感を感じていた差し歯の前歯を診てもらうために、歯医者に行ってきた。ちょっと虫歯っぽい感じがするのもあったので、ちょうどいいタイミング? だったかもしれない

幸い、歯の根元は特に問題なく、緩んだだけだったので無事差し歯を付けなおして事なきをえた

明日は障害者枠での面接で都内に朝早くから行かなくてはならない。もともと望みは薄い求人だった(募集しているスキルを一部持ち合わせていない)ので、ただ疲れにいくような感じかもしれないけど、もし採用してもらえるなら必要スキルを身に着けるため精一杯勉強していくつもり

元々、勉強するのは好きだ。印刷関連の仕事をしていたときには、独学でPhotoshopIllustratorを学んだ。カメラの販売をしていた時には「フォトマスター検定2級」を取得した。地場野菜の販売をしていた前職では、民間資格の「野菜スペシャリスト」を勉強して取得した

もし必要とあらば、いくらでも勉強していくつもりだ。そのへんをどれだけアピールしていくことができるか。そしていわゆる就労支援事業なので、前職で対応してきたメンバーさんへの相談や対応など、どこまでやれるか、これも勉強していくつもりだ

もっとも、企業側がそれをくみ取ってくれるかは別問題。今回は就労支援のトライアル雇用応募なので、そもそも面接はしてくれる仕組みになっている。ハローワークで応募した時、今面接の人が決まっていて、いい人だったらそのまま決定してしまうので、面接しないで応募を受け付けないかもしれないから、と言われていて、そもそも諦めていた求人だった。面接をしていただける、ということは、もしかしたら、がありうるかもしれないし、ただ単に自分の面接が終わってから前の人に決めるのかもしれないし、こればかりはわからない。でも、できるだけのアピールをしてきたいと思う。自分が精神疾患を患っていて、うつに関しては寛解に近い状態にある今、今現在を苦しんでいる人の助けになれたら、自分の経験から何かサポートできたら、という気持ちなので、そこもアピールしてきたいと思う

そして、また別の求人も探していかなければ…今回がもともと望み薄なので、先の面接を取り付けるためにも、頑張っていかなきゃ

今日のメンタルポイントは60点。まずまず