アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.106

f:id:leica13579:20200509164827j:plain

トキワマンサク

Fujifilm X-E2 + Industar-61A/3-MC 50mm F2.8

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

昨日、非常に大失敗する事件が起きて、かなり凹んでいる。というか、真っ青になってしまった。昨夜はそのことがずっと心の奥のしこりになって、悔やんでも悔やみきれない失態で眠れず、多分眠りについたのは4時過ぎだったと思う

ここからどう立ち直ればいいのか、非常に苦しい。今までにないほどメンタルにがっつりきてしまって、どうにも精神的に落ち着かないし不安感がひどい。とにかくため息が次から次へと出てくる

こういう時は、もうどうにもならない。考えてもしかたないのに、ふとした瞬間に頭をよぎってしまい、動悸がひどくなってくるし、正直起きているのもつらい。こういう時、気持ちをすぐに切り替えていければいいのだけど、あいにくそういう性格ではなく、どんどん落ちていく。そもそも気持ちをすぐに切り替えられるほどサッパリしていれば、そもそも心の病気にもなっていないんだろうな、と思う

そんな中でもできるだけ普段の生活をしなくては、ということで、今日もウォーキングには行ってきた。今日のお供はFUJICA SIX。先日ブローニーのモノクロフィルムを買ったので、それを使いたかったのだ。ブローニーは今まで自分で現像したことがないので、後日チャレンジしたいと思う

それから、以前撮ってそのままになっていたモノクロフィルムを現像。温度があがりすぎて23度くらいになってしまい、20度まで下がるのを待ちきれず、ざっくり計算で7割ちょっとくらいの時間に縮めて現像した。結果オーライだったからよかったけど、今度からはちゃんと温度を合わせてやらなければ

昨日はゴーヤチャンプルーを作った。なかなかおいしくできたのだけど、先に書いた大失態の出来事があって、すっかり吹き飛んでしまった

f:id:leica13579:20200509001806j:image

今日のメンタルポイントは10点。どうにもひどくて仕方がない。明日はもう少し気持ちが楽になればいいのだけど、どこまで気持ちの切り替えができるか、が勝負