アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.105

f:id:leica13579:20200508172805j:plain

これは何の花だろう

Fujifilm X-E2 + Industar-61A/3-MC 50mm F2.8

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今日はまたカメラを持ってウォーキングに行ったくらいで、特にまだ何もしていない感じ(17時時点)

スーパーにも立ち寄ったけど、小麦粉、ドライイーストなどが欠品中のまま。みんなそんなに今までパン作りしていたのかしら? と思うほどの売れ行きのよう。元々パン作りしていた自分としては、この状況はあまりよろしくない…

現像しようと思っているフィルムがあるのだけど、まだ手を付けられないでいる。いつになったら現像する気分、というか、テンションあがるのだろうか、とちょっと自分でも心配になる

以前勤めていたブラック法人の一店舗の閉店が決まった、と先日元同僚から連絡があった。特にお店自体に何か思うところはないのだけど

何せ小売業なのに、自分が辞めたあと「面倒くさいから」という理由で棚卸すらしなくなったと聞いていたので、そろそろだろうな、とは思っていたけど、新型コロナの影響が決定打になったようだ。店がなくなるのは時間の問題だろうと思っていたけど、思ったより早かったかな、というくらい。でも一緒に頑張ってきた元同僚との絆は、これからも大事にしていきたい。ただ、上の人たちの事や組織のことは、正直「どうでもいい」という感じ。自分が辞める直前に面談した事務局長は「労基法なんて守っていたらやっていけない」と堂々と言い、自分の一存だけで人をコマのようにあちこち異動させて安い賃金でこき使うだけこき使う人たちなので、とても福祉の法人とは思えない人たちなので…

自分の働いていた場所がなくなる、という事に感慨は何一つないけれど、一緒に働いて頑張ってきた仲間との思い出の場所がなくなる、というのは、寂しい。微妙な違いだけど、決定的に違うことだ

そんなこんなで、ちょっと気分があがらない感じではある

今日のメンタルポイントは45点。今日これから少しでもあげられるだろうか