アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.97

f:id:leica13579:20200430183409j:plain

Fujifilm X-E2 + SUPER KOMURA ZOOM 90-250mm F4.5

ハルジオンにやってきたベニシジミとツバメシジミかな?

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今日は昨日分解清掃してみたレンズを持ってウォーキングに出てみた。約4キロぐらいしか歩いていないのだけど、とにかくこのレンズが重い。いや本当はたいしたことないのかもしれないけれど、普段ズームレンズはほとんど使わない。大きいレンズは自分のようなスナップ撮りには不向きだし

しかしこのレンズ、自分の大好きな三協光機のレンズなのだ

三協光機という会社はとうの昔、1980年に倒産している。ただ自分が好みのレンズは三協光機の「単焦点レンズ」であって、ズームは特に欲しいとは思っていなかった

たまたま入った中古店でカビとホコリだらけのジャンクが500円ほどで売っていて、ダメ元で買ってみるか、と思って入手した

ダメ元、というのは、僕は単焦点レンズは分解清掃するのは慣れているけれど、ズームレンズは構造が複雑でビスも多く、一度ばらすと元通りにするのが非常に難しいから、買う時に「これは最悪ゴミになるかも」と思って買ったのだ。どうせ高いものじゃないし、暇つぶしにいいか、という気持ち

分解してみたら、まずこのレンズ、真ん中あたりで半分に外せるようになっていた。それで安心して残りを分解し始めたのだけど、これが結構大変だった

f:id:leica13579:20200430185006j:plain

f:id:leica13579:20200430185036j:plain

f:id:leica13579:20200430185112j:plain

最終的にレンズのカビ、ホコリを無水エタノールで取り除き、再度組み立てが成功、今日持ち歩いて試し撮りしてみた、というわけで

とにかく普段持ち歩くレンズに比べて格段に大きい。そしていつもより重い。そのうえズームレンズを使い慣れていないということもあり、なかなか苦労した

f:id:leica13579:20200430184929j:plain

ピントのあわなかったガビチョウ

f:id:leica13579:20200430185536j:plain

害鳥ムクドリ

こんな感じでそこそこ撮れるレンズだとわかったので、今後たまに持ち出してみようかな、と思う

さてLINEのスタンプ、次は何を作ろうかと迷っていて、ただいま考え中

store.line.me

これを動くスタンプにしよう、ということも考え中。ただ四角なので、直線が面倒なのと動かすのは大変かなあ、という気持ちでいまひとつ乗り気にならない

でも、それじゃいけないので、すぐにでも次のスタンプ作りに取り掛からねば、という焦りと不安もある。だから、作ろうかな、という感じ

継続は力なり

頑張るしかない

今日のメンタルポイントは70点。不安感がすごくあったけど、自分で分解したレンズが思いのほか写りがよかったので、満足感も大きかった