アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Photo No.53 / 桜を撮りに

f:id:leica13579:20200319220828j:plain

Fujifilm X-E2 + Komura 100mm f1.8

僕はコムラーのレンズが意外と好きで、ある時期中古を買いあさっていた時期があった。今手元に残っているのは、おそらくこのM42マウントの100mmと、L39マウントのものだけだと思う。仕事が決まってまたあれこれ探すことができるようになったら、ぜひ状態のいいものを手に入れたい、と思うけど、今はじっと我慢

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今日はとっても暖かかったので、カメラを持って桜を撮りに行ってきた。といっても近場なのだけど

今日のお供はYashicaflexと、Leica M4 + Fujinon L 5cm f2.8

f:id:leica13579:20200322180318j:image

グッタペルカがボロボロだけど、まあ外観の問題なのでいいか、と
f:id:leica13579:20200322180321j:image

フジノンLは久しぶりにLeicaにつけた。ここ最近はずっとジュピターだったので

川沿いの並木道をいったりきたり。約8千歩歩いたけど、全然たりないな。歩くならもっと歩かないと、と思う。最近運動不足だし

一応、記録用にiPhone8 Plusでも撮っておいた

f:id:leica13579:20200322175143j:image

二眼レフは、背面の赤窓が曇っていて見えにくくて、最初の二枚をただ無駄にしてしまった。12枚しか撮れないうちの2枚を無駄にするとは…とほほ

カメラ二台持ちだったので、まず二眼レフのぶんを撮りきってしまう。そこからLeicaに切り替えて撮ってみた。途中何度かレンズをNikkor P.C 8.5cm f2.0に取り換えたりしてみたけど、やっぱり桜は難しい。どう撮っても単調なありきたりな感じになってしまう。これはもう癖みたいなもので、どこかで自分の視点を一回崩さないと、同じような写真を撮ってしまうのではないか、みたいな感覚がある。もちろん、自分のスタイルが嫌いとかそういうわけではない。自分の写真の撮り方を全否定してしまったら、写真を撮りたい、という気持ちそのものが消えてしまう気がするので。ただ、どうもワンパターンになってしまうなあ、という時は、一度崩してみる必要があるのかな、と。まあ僕の場合、レンズの種類がそれほど多いわけではないので、どうしても同じようなものになってしまうのかもしれない。でもまあ、それはそれでいいか。自分のカラー、と思う事にすればいいだけの話…

結局今日は36枚撮りのカラーネガ1本+18コマくらいがLeicaで撮った分。あとヤシカフレックスで10コマ。ヤシカの分は明日にでも郵送で現像+CDを注文しよう。カラーネガは、明日また桜を撮りに出るかもしれないので、出るならついでに現像してこようと思っている

今日のメンタルポイントは75点。まずまずよかったけど、外にいたので花粉症がひどくて、それが辛かった。あとは体力不足…カメラ二台持ち+レンズ1本は、重かった