アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

Rollei35 classic

f:id:leica13579:20191222094453j:image

ローライ35クラシック、ゾナー

最近、この出動回数が多い

というのも、フィルムカメラを持ち歩きたいシチュエーションが

1.がっつり写真を撮りに行く

2.お写ん歩

3.出かけるついで

の中で、2と3、特に3が圧倒的に多くなっているからだ

本当はしっかり写真を撮りに行きたいのだけど、なかなかここしばらくはそんな時間がなかった

前職がかなり忙しかった(割に給料が安い)のと、休みにはあれこれやらねばならないことも多く、ココロが疲れ果て、どこかに写真を撮りに行こう、という気持ちになれなかった

でも、写真は撮りたいし、現像もしたい

といって、出かけるだけなのにCanon F-1とか持ち歩くのも重くてかさばるし、ハーフサイズを持っていくのもどうしようか、という気持ちのときに、このRollie35Classicはちょうどいいサイズなのだ

ピントは目測なので、きっちりかっちりの人には不向きかと思う

僕はもともと街撮りスナップ写真が多いので、そういう意味でもこのカメラはちょうどいいのだ

ちなみにこれは、中古で状態がよかったので数年前に仕入れたもの。状態がよかったといっても、一か所アタリがあるのだけれど、そこまで気にしなかったので購入を決めた

 撮った時間が夕方に近かったのでちょっと暗いのだけど

f:id:leica13579:20191222101341j:plain

f:id:leica13579:20191222101403j:plain

とにかく、ちょっと持ち歩き、スナップ撮りするのに、僕にはちょうどいいカメラ

今後も出動回数は多いかと思う

とはいえ、最近は精神的にちょっときつい事が多く、不安障害・鬱の気配がじわりときていて、以前のようには写真を撮る気持ちになれなくなっているのも事実で、しかも失業中ときている。この写真も10月に撮った写真で、ここしばらくフィルムカメラで写真を撮っていない

心が晴れなくて、大好きなカメラに気持ちがほっとするような事もなく、どうしても不安が心を埋め尽くしていくような毎日

はやくここから脱出しなければ、と焦る気持ちと、しばらく余計な事考えなくていいじゃないか、という気持ちとのせめぎあいは、まだまだ続く