アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

派遣バイトもそれなりに

今日も派遣バイト(単発のバイト)に行ってきた

このバイトの良いところは、余計な事を考えず単純作業に黙々と集中できること

どの現場に行っても基本初心者なので、とにかくベテランバイトの人や社員の人に訊きまくる

わからないまま作業されて、困るのは従業員の皆様なので、ちゃんと教えてくれるし気持ちが楽になる

そして、ここで長く作業するわけではない、という心構えというか、気持ちがそのスタンスになっているので、あとくされなく仕事ができるし、お金のため、と割り切ることができて、それが心を楽にしてくれている

今現在、ちょっと応募してみたいな、と思う仕事がいくつかある

だけどその気持ちをちょっと抑えている、という微妙な状況

その理由は、失業保険の問題。障害者手帳があること、必要であればすでに主治医に話してあるので(職場でのメンタル面での状態など)診断書も用意できること、この二点から、3か月の給付制限があるのかないのか、というところにかかってくるのだ

もし給付制限がないのなら、厳しくはあるけれど、生活はしていける。そこで自分の時間を大切にしつつ、自分が心から安心して働ける職場をゆっくりじっくり探す、ということが可能になる

でも給付制限があるのなら、そうはいかない。急いで仕事を探さねばならない。ということで、結局のところ、給付制限があるかないか、をはっきりさせるまでは、下手に動くと損(という言い方もおかしいが)をすることになる。慌ててとりあえず働き始めて、結局メンタルをやられたり身体を壊したりしては、なんの意味もない

なので、どうしてもそこは慎重になる、というわけなのである

今日は倉庫内での作業で27000歩以上歩いたので、明日はとりあえず休むことにした

ゆっくりいこう、焦らずに