アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

まだ日々の仕事に

今月いっぱいのシフトということで、まだまだ日々の仕事に追われている

やらなければならないことがたくさんあって、日常業務はもちろんのこと、残務処理だったり引き継ぎ業務だったり

気持ちを切り替えて早く次の仕事を探さなければならないのに、最後まで引きずられているような、そんな気持ち

でもこれは、仕方のないことなので乗り切るしかない

といっても、残り7出勤

短いようで、早くリスタートしたい自分としては、すごく長い時間に感じてしまう

そして日常の業務が既に苦痛でもあるけど、それでもやらなきゃいけない

次の仕事をどうするのか?とにかくそこに早く集中したいのだけど、焦りは禁物なのだろうな、と思う

転職をする人なら誰でも経験するだろうけれど、気持ちはすでに職場を離れているのに、今の職場の仕事でベストを尽くさなければならない、という気持ちのなかでの矛盾がある

焦りが出るとついつい苛立ってしまったり考えてしまったりするけれど、もやもやな感じが出てきたときには「今この瞬間」に集中するようにしている

こんなひどい会社になぜここまでしなくちゃいけないのか、とか、そういうよからぬことを考えそうになった時には、目の前の作業や目の前の接客に集中する

今やらねばならないことは、会社がどうこうとか、憎い上司とか関係なく、ただの「目の前の仕事」ととらえて、余計な感情と紐づけしないようにする

そうすると、目の前の事を淡々と片付けていけるようになる

これはいろんなことに応用できるので、もし気持ちのモヤモヤや怒りの感情が沸き上がってきたときには「目の前の事だけ淡々とやりきる」ことに集中してみるといいと思う