アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

人手が足りない

今日はいつもどおり11時半からのシフトだったが、いつものごとく、というか、相変わらず、というか、人が足りない

最初は厨房にいたが、人が足りずとにかく慌ただしいまま過ぎ、販売のほうに移動してものの1時間で、残り時間はワンオペ

この状況が、今後改善される予定もない

スタッフの女性の方も「いい加減にもう我慢の限界ですよ」と僕にこぼしていく始末

気持ちはわかりますよ、僕もだから、とぶっちゃけた話をしてしまう

僕も進退考えてますから、と。だってこのまんまじゃ、仕事に追われて大事なものなくしちゃいますよ。自分自身の大切な時間も、ココロも

そういう話を、スタッフさんの帰り際にしていた。あれこれ大変なことばかりで、スタッフも疲弊している

この状況を上層部はどう感じているのか?と思うのだけど、多分、なんとも思っていない。下々の者など自分の言う通りに動けばいいのだ、くらいにしか思ってない

現場の状況を見に来ても、口から出るのは「売り上げを上げるためにもっとこうしろ、ああしろ」という事ばかりで、現場を気遣うなどということは一切ない

そのうえ、他店舗での話だけれど、人が足りない店舗に人を動かすために「異動するか辞めるかどちらかを選べ」ということを平気で言う

付き合っていられない、こんな場所、と思う

思うけれど、在籍するうちは精一杯やる

やることはやるけれど、線をひいてこれ以上はやらない、と決めてある

じゃないと、自分自身が壊れるから