アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

店長に相談もしてみた

今日は店長とシフトが被ったので、ここ数日感じていることを、店長に話した

場合によっては今の仕事を辞めることを考えていること、現状職場で感じている不満など、とにかく思いつくことを話した

それで何か変わるわけではないことは、最初から理解しては、いる

僕の給料を決めるのは店長ではなく本部のほうだし、仕事のハードさなどが、楽になるわけでは全然ない

だけど、裏でこそこそ、というのも気がひけるし、どうせなら、と話してみた

店長はもちろん、僕が辞めるとなると困るだろうと思う。現状でひとり抜けたら、シフトをまわしていくのがかなり大変になるくらい、ギリギリのラインでやっている

しかも、ひとりひとりの負担が今でさえピークというくらい大きいのに、ここから一人抜けると、状態は深刻かと思う

僕のいる職場の場合、売り上げや本部の財政面などの関係で、追加で人を雇うことはできない状態で、僕が辞めた場合、どこかから応援、という形で人を都合するだろうと思う

が、それでお店が円滑に回るかどうか、そこが店長は不安なのだろうと思う

それは気の毒だと感じはするけど、だからといって店長は店長で結構無責任なところがあったり、いろいろ雑すぎてフォローするのも大変だったりする人なので、全面的に同情はできないという微妙なところだ

とにもかくにも、今日、とりあえず店長には、辞めるという選択肢を今考えている、もちろんすぐにではないが、という事で伝えることができた

今後は予定通り、来週ハローワークに出向き、今の状態がどうなのか、いろいろ調べてみたいと思っている