アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

今日も一日が終わった

最近は眠れず夜何度か目を覚ます

それで結局寝なおしたりして、起きるのは10時近く。それから準備して職場に向かう

11時半から仕事。二店舗を行ったり来たりして、厨房にいたり店頭で接客販売したり、そうしてお店は20時に閉店する。その後、片付けや閉店作業、営業時間中にできなかった仕事をしていると、店を出るのは21時半~22時。帰宅してご飯を食べ終わるころには、23時近い。それから一息ついて風呂に入り、寝るのはいつも結局2時過ぎになる

そんな生活が果たしていいのか悪いのかはともかくとして、安定剤と眠剤が不可欠なこの生活で、自分のココロがどんどん壊れていくのがわかる

仕事のスタイルは人それぞれだし、どこに重きを置くかは重要だと思う

僕は心の病になり、休職を余儀なくされて、それから人生は激変した

今はまた働けるようになったけれど、自分を騙し続けて心と体に無理をさせて何とかやってきたようなもので、それは限界に近いのかもしれないと感じている

だから、転職を考えるようになった。アラフィフでそんなことを考えるのはどうかしてるという気もする

だけど、上記のような毎日の繰り返しで、仕事の日の自分の一日は、ほとんど仕事で埋め尽くされて、そのほかの余裕なんてどこにもない。休日になったらなったで、今まで好きだったこともやる気力がないほど疲弊していて、ぼーっと何もしないままに一日が終わるなんてしょっちゅうだ

そんな毎日を、変えたい、と思った

変えるためには、行動を起こさないと

その行動に伴う変化は、僕にはかなり大変なものだと思う

だけど、行動を起こさなければ、今の自分は生きてるという感じがしない。仕事か寝るかぼーっと何もしないか、それで生きてる実感を感じろというのも無理がある

仕事にやりがいはない。給料だって何とか生活できているギリギリのところで、無理難題は上から降ってくる。

給料は我慢代、とある人に言われたことがある。それは一理あると思う。どんな職場だって、納得のいかないことがゴロゴロしている

でも、許容できる範囲かそうじゃないか、という差は大きいと思う

まだ、明日明後日と仕事が待っている。正直、苦痛でしかないのだけど、何とかクリアしなければ