アラフィフいろいろありすぎ

精神の病を抱えて人生の道を彷徨うアラフィフ。中年アラフィフが何をどこまでできるのか

転職を真剣に考え始める

僕はアラフィフで、特に何か手に職を持っているわけでもない

昔は印刷会社で働いていたが、ブランクが長すぎてどうにもならない。今は接客販売がメインの仕事だ

正直、この年齢で転職などしたくない

いわゆるブラックな今の職場に、もう本当に

「無理」

という感じで、ココロが悲鳴をあげている

明日も休憩なしでおそらく10時間拘束になる予定で、ほとほとやる気が失せている

よりによってシフトの人員が足りてない日に、さらに人を削り、それでいて店長は「悪いけど頼むよ」と休む。店長が出勤のときは、シフトは厚く組まれているのに

今週はどうしてもシフトがあけられないので、来週アタマには、まずハローワークに行く予定

正直、今すぐにでも辞めたいが、生活のこともある。次の仕事が見つかるまでは、何とか耐えるしかない

耐えるしかないのはわかっていても、もう精神的に参っている

眠剤と安定剤は欠かせない状態

これ以上、何を犠牲にしなくてはならないのか、と思うと、鬱々としてくる。金銭面で余裕がないから、しばらくのんびりする、という選択肢はない。すぐに次の仕事をしなければ、路頭に迷うことになる

ただ

自分もアラフィフで、残された人生がそんなに長いわけじゃない

そろそろ、自分を大事にしたい

いろいろ犠牲にしてこのまま終わるなんて、と思うと、いよいよ本格的に行動しなくては、と感じた

このまま服薬し続け、仕事で無理し続け、でも入ってくるお金は生活するのがやっとなワーキングプアなわけで

同じワーキングプアなら、こんなにつらい気持ちで鬱々と日々仕事をするよりは、ココロに一定の余裕をもって仕事をしたい

そのための一歩を、はやいうちに踏み出さなければと思う